본문 바로가기 메뉴바로가기

Greetings

大田地域の中小企業の成長Hubとして活気ある大田経済を実現します!
ようこそ、大田経済振興院ホームページへ

当振興院は、資金、販路、技術開発の支援など中小企業と小商工人の育成と発展を通じて持続的な成長基盤を構築しています。また若者たちの就業と起業の支援策として、それぞれのニーズに合わせた事業を提供して大田の新しい成長動力にするために最善をつくしています。

急変する経営環境の中で一生懸命に大田経済と地域社会を導く企業の皆さんが大田市の原動力だと思っています。いつもパートナーであるという姿勢で企業を支援し、中小企業と小商工人の発展のために頑張ります。今後とも皆様のご関心と声援をお願い致します。

大田経済通商振興院長 李 暢九

Vision

Vision

Building Sustainable Growth Base of SME,
Creating Job of Happiness for Citizens

Mission

Realizing Dynamic Economy of Daejeon
by Building Hub for SME Growth

Management Philosophy

기업성장,시민행복,조직혁신

Business Growth, Citizens Happiness, Organizational Innovation

Core Value

  • Passion
  • Innovation
  • Communication

Key strategic challenges

Funding

  • Management stabilization fund
  • Fund for business start-ups and competitiveness enhancement
  • Fund for operation of small and medium distributors
  • Fund support for purchased-led production
  • Fund for management improvement of small business owners

Technology Commercialization Support

  • Comprehensive support project for technology commercialization
  • Pilot product fabrication support
  • Domestic certification acquisition support
  • Promising SME Global-up support
  • Business start-up incubation and venture town operation

Marketing Support

  • Overseas office operation (Shinyang,Nanjing,Fukuoka)
  • Daejeon Good Merchandise Shop
  • Domesitc marketing (SME marketing support in cooperation with big enterprises)
  • Overseas marketing (Support for participants of overseas exhibitions)
  • Home shopping (TV broadcasting) sales

Business Start-ups Employment Support

  • Young Resources Management Center
  • Business Start-up Ecosystem Customized to Young Entrepreneurs(College Students)
  • Daily Progress and Monthly Advancement 123
  • Young Workforce Nurturing Program
  • Job fairs
  • Small and medium business start-up fairs

History

設立背景 大田地域の中小企業に対する総合相談、支援情報および資料提供、新技術開発支援、商品展示および販売、創業保育室およびベンチャータウン運営など各種支援事業を通じて中小企業の経営活性化を促進するために設立

設置根拠 : 1995. 7. 11法人設立 民法第32条および地域均衡開発および地方中小企業育成に関する法律施行令第63条

法的根拠

  • 民法第32条 (非営利法人の設立・許可)
  • 地域均衡開発および地方中小企業育成に関する法第49条(地方中小企業行政支援)
  • 地域均衡開発および地方中小企業育成に関する法施行令第63条(地方中小企業総合支援センターの設置支援)
  • 大田市中小企業総合支援センターの設立および運営条例
  • 財団法人大田中小企業総合支援センター定款
2010
5. 18
大田広域市働き口支援センター開所
2006
1. 1
小商工人支援センター受託(北部、南部センター)
2001
1. 18
蒋英実館
1999
2. 1
ベンチャータウン茶山館開館
1998
10. 28
開館
1995
7. 11
設立登記
1995
6. 20
法人設立許可

Organization Chart

Organization Chart

Major Businesses

Major Businesses
戦略課題 実行課題(主要業務)
企業現場中心の 密着型支援体系の構築 振興院保育室(BI) 及びベンチャータウン(茶山館・蔣英實館)運営 中小企業支援ポータルサイト大田ビズ運営 科学技術コミュニティセンタ-運営 技術事業化総合支援及び試作品製作支援 創業保育競争力強化事業 国内認証マーク獲得支援 中小企業の競争力強化支援(投資組合運営管理、優秀中小企業大探訪事業、地域希望博覧会、企業誘致説明会、企業用公認認証書発給) 企業間交流活性化及び地域強小企業の競争力強化事業 安定的な中小企業資金支援(中小企業経営安定資金、創業及び競争力強化事業資金など大田市の政策資金)
企業成長のための マーケティング 支援強化 海外通商事務所の運営(中国南京・沈陽、日本福岡) 海外マーケティング活性化支援事業(海外博覧会参加、海外専門展示会の個別参加支援、海外支社化支援事業、海外マーケティング事後出張費支援、海外マーケティング通・翻訳支援) 国際交流ネットワーク活性化事業(大田-九州経済交流商談会、大田-中国ビジネス商談会、ロシアのノヴォシビルスク大田商品展示場運営) 中小企業グローバル力量強化事業(B2C グローバル電子商取引販売支援、優秀中小企業グローバル化支援) 販売支援体制及び広報多様化(大田優秀商品売場及びオンラインオープンマーケット運営、ホームショッピング販売支援事業) 国内マーケティング活性化支援事業(大企業協力中小企業マーケティング支援事業、中小企業優秀製品博覧会(G-Fair) 参加支援、国内展示博覧会の個別参加支援、忠清圏中小ベンチャー企業博覧会)
個々のニーズに合わせた創業及び就職先の拡大支援 小商工人の経営改善資金及び小商工人に対する経営改善教育支援 創業活性化支援サービスの提供(個々のニーズに合わせた青年創業支援、大田小商工人創業博覧会開催、小商工人特化支援センター運営) 就職先連携就業支援サービス提供(幸福ドリームバス運営、就職先情報誌発行、大田就職先総合博覧会、Good-job 青年インターンシップ、日就月将 123 人力養成事業) 雇用優秀企業に対する認証支援 新規就職先拡大公募事業推進(シニアインターンシップ、就業成功パッケージ、強小企業探訪プログラム)
産学連携型地域人才の 養成強化 グローバルネットワーキングプロジェクト 大学就業力量強化支援(大学就業力量強化、青年人力海外就業及び研修者追加支援) 地域人才発掘支援事業(特性化高校に対する採用博覧会の支援、就職先発掘団の運営,青年就業支援協議会及び人事担当部署長との懇談会開催)

Location